日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

鶴乃子単品

博多土産に石村萬盛堂の銘菓鶴乃子

スポンサーリンク

投稿日:

博多は本当に美味しいものが多いのでお土産はどれにしたらいいのか迷ってしまうことがあると思います。そんなときは銘菓鶴乃子はいかがでしょう。
博多で百年以上愛されている銘菓です。

特にお茶を好む人や、年配の方にプレゼントするなんて場合は高確率で喜ばれると思います。

銘菓鶴乃子を買ってみた感想

7個入り820円。

鶴乃子パッケージ

卵を横にしたような可愛らしいフォルムの箱に鶴が描かれています。
開封する前からワクワクするようなデザインです。

スポンサーリンク

鶴乃子裏面

鶴乃子箱オープン

一つ一つ、白色とピンク色の和紙に包まれています。

個包装は薄い和紙なのですが、金粉があしらわれており高級感が漂ってきます。

鶴乃子注意事項

鶴乃子の由来の紙です。

パンフレット

鶴乃子の由来

鶴乃子を開封してみます。触ると、ふわふわとしています。マシュマロの様です。

鶴乃子単品

鶴乃子断面

頂いてみると、ふわふわと儚いマシュマロ生地の中に濃厚ででまろやかな黄身餡が入っています。

マシュマロといったら海外のイメージがありましたが、このお菓子はどちらかというと和菓子に仕上がっています。

黄身餡の上品な甘さとコクが緑茶にピッタリです。

鶴乃子は手荷物が多い時に追加で買っても邪魔にならない!

鶴乃子パッケージ

お店で鶴乃子の箱を持った時に思ったのは「軽い」です。

パッケージを見る限り、お饅頭か何かかな?というイメージだったので思いのほか軽くて手荷物として楽に持ち帰ることが出来ました。
これは荷物でいっぱいなのにお土産も買って帰るのは辛い‥という場面ではすごく良いなと思いました。

2個入り300円から販売されているので自分のお土産としてもよし、味見用に買うのもまたいいかと思います。

鶴乃子は子供からお年寄りまで喜ばれる

鶴乃子側面

和菓子は苦手。アンコが入ったお菓子は嫌い。というお子様って最近多いと思います。
鶴乃子は、生地が洋風なマシュマロ。
餡もまろやかなクリームを思わせる黄身餡なので和菓子が不得意なお子様にも喜ばれると思います。

硬いものが苦手というお年寄りもふわふわと口溶けの良い生地でどこか懐かしい味わいですのでお茶の時間などにも大変喜ばれる事でしょう。

スポンサーリンク

鶴乃子の商品情報

商品名鶴乃子
製造者・販売者石村萬盛堂
住所福岡県福岡市博多区須崎町2番1号
賞味期限約10日間
購入場所福岡空港等
価格7個入り820円

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2018 All Rights Reserved.