日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

高知県

高知県のおすすめなお土産

スポンサーリンク

高知県は四国にあり太平洋に面した県で、海が綺麗なのが特徴です。海と山に囲まれた県でいなかですが、食べ物も美味しく、自然がいっぱいのステキな県です。観光スポットとしては、高知城、桂浜、室戸岬、足摺岬、ひろめ市場、はりまや橋などなどたくさんあります。坂本龍馬さんやジョン万次郎さんや板垣退助さんの生まれた国でもあり、坂本龍馬さんファンやジョン万次郎さんファンや板垣退助さんファンといった歴史ファンにもおすすめの県です。言わずと知れた、広末涼子さん、島崎和歌子さん演歌歌手の三山ひろしさん、俳優の北村総一郎さん、女優の白田久子さんなどもこの高知県の出身の有名人です。

高知県で買いたいおすすめのお土産

かんざし

この「かんざし」というお菓子は、株式会社浜幸(はまこう)さんという高知のなかでは老舗のお菓子屋さんが販売しています。「かんざし」というお菓子は、高知で昔から売られている和菓子でおすすめです。高知特産の柚子を少し効かせた白あんのお菓子なのですが、マドレーヌ生地でつつまれているので、一見和菓子っぽくない感じもするお菓子です。高知のひろめ市場というところにあるお土産屋さんや高知駅のお土産屋さんや空港のお土産屋さんや町にあるお土産屋さんには必ずと言っていいほど置いてあるので、すごく簡単に探し出せるとおもいます。はりまや橋のすぐ近くに、この浜幸さんというお菓子屋さんの本店があるのでぜひ行ってみてください。

塩けんぴ

高知の定番中の定番のお土産といえば「芋けんぴ」です。芋けんぴといっても1種類ではなく、すごくヒット商品で売れるのか、最近では色んな種類の芋けんぴが売られております。そのたくさんある芋けんぴの中でも人気アンド私がオススメする芋けんぴは、お塩をきかせた細切りの「塩芋けんぴ」というものです。甘い中にもお塩の少し辛い感じが最高にくせになります。食べ出したら止まらなくなります。おいしいですし、軽いのでお土産にはもってこいのものだと思います。高知のひろめ市場のお土産屋さんや高知駅のお土産屋さんや空港のお土産屋さんや町にあるお土産屋さんには必ずと言っていいほど置いてあるので、すごく簡単に探し出せるとおもいます。

カツオ生節

高知と言えばかつお!かつおといえば、「かつお生節」です。かつおの生節は、手や包丁やはさみなので、簡単にほぐせるやわらかいかつおの薫製です。かつお特有の香りがあり、うまみもぎゅぎゅっと凝縮されております。普段のおかずにも使えますし、ビールや日本酒や焼酎などのお酒のおつまみにももってこいの1品です。ほぐしてそのまま食べることもできますし、マヨネーズやお醤油やポン酢をかけたりして私はたべます。うまみがでるので、野菜炒めなどにも使うかたもいるようです。高知のひろめ市場や高知駅のお土産屋さんや空港のお土産屋さんや町にあるお土産屋さんには必ずと言っていいほど置いてあるので、手に入りやすいお土産だと思います。

竜馬がゆく

高知のお菓子でのおみやげでは、株式会社青柳(あおやぎ)さんの「竜馬がゆく」というお菓子です。こちらの青柳さんも高知では古くからしている老舗のお菓子屋さんです。このお菓子は、土佐の国の幕末の志士「坂本龍馬さん」をしのび作られているであろうお菓子で、高知の定番中の定番のおみやげ菓子です。ミルキーな味で、和菓子っぽさも洋菓子っぽさも感じられるお菓子です。こちら、四万十の栗が贅沢にも使われているお菓子なので、県外の方も喜んでくれるお菓子なのではと感じています。栗といってもミルキーな仕上がりなので、小さいお子様にも人気がありそうです。坂本龍馬さんファンも好きそうなおみやげの1つです。高知のひろめ市場というところにあるお土産屋さんや高知駅のお土産屋さんや空港のお土産屋さんや町にあるお土産屋さんには必ずと言っていいほど置いてあるので、すごく簡単に探し出せるとおもいます。はりまや橋のすぐ近くに、この青柳さんというお菓子屋さんもあり、喫茶店も併設されているので、観光してつかれたときなど、ぜひ行ってみてください。

ごっくん馬路村

こちらの「ごっくん馬路村(うまじむら)」はゆずのジュースです。はちみつ、ゆずなどでできており、柑橘系の香りがたまりたせん。高知特産のゆずジュースなので、お土産にはもってこいだと思います。こちらのジュースはびんに入っているので、重いというのが最大のデメリットですが、おいしいですので、買って帰る価値ありです。夏にはきんきんにひやして、炭酸水を少し入れて飲んだりもします。爽やかで刺激的ですごくだいすきです。高知のひろめ市場というところにあるお土産屋さんや高知駅のお土産屋さんや空港のお土産屋さんや町にあるお土産屋さんには有名なのでおそらく置いてあると思うので、すごく簡単に探し出せるとおもいます。たまにコンビ二やスーパーでも売っています。

ミレービスケット

ミレービスケットは、高知のお菓子です。元は、豆屋さんが発売したビスケットです。
小さい頃からよく食べていたので、こんなに全国的にうれるとは思っていませんでした。最近では、ノーマルの味だけでなく、にんにく味やこしょう味なども販売されており、色んな種類の味を楽しめます。こちらのミレービスケットは、少しお塩が効いており、どんどん食べれてしまい、とまらなくなります。ビスケットなので軽くお土産にはよいと思います。観光地である、高知のひろめ市場というところにあるお土産屋さんや高知駅のお土産屋さんや空港のお土産屋さんや町にあるお土産屋さんには必ずと言っていいほど置いてあるので、すごく簡単に探し出せるとおもいます。スーパーやコンビニにも置いていたりもします。

ミレーの口コミ

藁焼き鰹たたきセット

高知と言えば、「わらやきのかつおのたたき」です。こちらの藁焼きかつおのたたきセットは高知県独特の鰹たたきの製法で作られた藁焼きの鰹のタタキのセットです。お魚好きの方やかつお好きの方にはもってこいのお土産だと思います。藁で焼き上げるかつおは、藁の香りがついてすごく贅沢な風味になります。こちらのセットは薬味なども入っており、簡単に自宅で藁焼きかつおのたたきが楽しめるのでおすすめです。私が以前ネットで注文した時は、冷凍品で、すぐに水で解凍してたべれました。こちらは、ひろめ市場というところの明神丸というお店や、インターネットで注文できるのでぜひ!お店でも目の前で焼いてくれるので、迫力もあり、焼きたちをたべれるので、おすすめです。

ゆずの村

かつおのだしとゆずが香るポン酢です。ポン酢といってもかつおのだしがかおるので、まろやかな感じのポン酢です。高知特産のゆずが入っておりゆずの香りもまたいいのです!ゆずなどの柑橘系が苦手なかたでもおいしいと言ってくれるかたがたくさんいました。私は結婚して今県外に住んでいるのですが、実家の母からよくこのポン酢を送ってもらったり、帰省した際にはこちらのゆずポン酢を買って帰ります。お鍋の時にはこのゆずポン酢が必需品です。3歳になるムスメもこれが大好きで、鶏肉を焼いただけのものにポン酢をつけて食べるのがお気に入りみたいです。こちらのポン酢はびんに入っているので、重いというのがデメリットですが、買って帰る価値ありです。高知のひろめ市場というところにあるお土産屋さんや高知駅のお土産屋さんや空港のお土産屋さんや町にあるお土産屋さんには有名なのでおそらく置いてあると思うので、すごく簡単に探し出せるとおもいます。スーパーでも売っているので、手軽に手に入ります。

土佐の赤かつお

高知ならではのおみやげのオススメとして、「土佐赤かつお」というものがあります。
少しだけピリっとくるかつおのオイルフレークです。食べる調味料というコンセプトで開発販売された商品だそうです。これひとつあればご飯が何杯でもいけてしまうというごはんの友。ちょっとピリ辛なので、辛いのが大の苦手という方にはおすすめできませんが、辛いの好きのかたにはもってこいのお土産だとおもいます。ご飯のお供にもいいですし、そのまま食べてもビールや日本酒や焼酎などのお酒のおつまみにもなるとおもいます。
高知のひろめ市場というところにあるお土産屋さんや高知駅のお土産屋さんや空港のお土産屋さんや町にあるお土産屋さんには有名なのでおそらく置いてあると思うので、すごく簡単に探し出せるとおもいます。

川のり佃煮

最後の清流と呼ばれる四万十川の貴重な貴重な青さのりを、ゆっくりじっくりと炊き上げた佃煮です。磯の香り釜すごくよく、口に入れるとふわっと磯の風味が広がる川のりの佃煮です。四万十川の青さのりは、「風味がよい」ということで全国的にも有名なので、お土産にはもってこいだと思います。ご飯によく合いますし、色んなレシピにもちょいと使えたりもするらしく、人気があるようです。高知と言えば四万十川とイメージする県外のかたも多いとおもいますし、ご当地らしさが出ているお土産です。ご飯のお供にもいいですし、そのまま食べてもビールや日本酒や焼酎などのお酒のおつまみにもなるとおもいます。高知のひろめ市場というところにあるお土産屋さんや高知駅のお土産屋さんや空港のお土産屋さんや町にあるお土産屋さんには有名なのでおそらく置いてあると思うので、すごく簡単に探し出せるとおもいます。

インパクト重視のお土産:鰹のたたき風ドロップ

「なぜ?鰹のたたきを飴にしたのか」とドロップ缶を見て考え、「なぜ?鰹のたたきを飴にしたのか」と口にドロップを口に入れて
脳みそが永遠と同じ質問を繰り返す味がします。個人差はあると思いますが、舐め終わった後に鰹の生臭さが残った気がしました。
本来、鰹のたたきはニンニクスライスやネギなどの薬味をたっぷり乗せてポン酢で美味しく食べる料理ですけどそこに甘さは必要ないと思います。お土産として友人関係者に配りましたが皆貰った時は
そのインパクト効果で大爆笑するのですけれど、食べた感想は皆「うん…鰹の味がしたね…」と伏し目がちで述べてました。
それでも口に入れて舐めてくれた人はまだマシです。「怖くて食べれなかった」という人も数名いました。
鰹のたたきは確かに高知を代表ふる料理として有名ですけれど「なぜ?鰹のたたきを飴にしたのか」という疑問を与える為に生まれた商品なのでしょう。インパクト効果のあるお土産としてはとても良いです。

ゆーず

高知といえば「ゆず」が有名!ということで旅行の際ゆずのお土産を試してみたいと思っていました。入浴剤やジャム、クッキーなどさまざまありどれも捨てがたかったのですが、今回は「ゆーず」というドリンクを購入しました。こちらは、ゆずの旨味をぎゅっと閉じ込めたドリンクです。濃縮済みなので、そのままではなく薄めて飲みます。実は私ははじめそのまま飲んでしまったのですが当然すっっごく濃いです(笑)気を取り直して少量の「ゆーず」を水で薄めて飲んでみると、果肉も入っているのでゆずの甘ずっぱさとほのかな苦みを強く感じられ、とてもおいしく贅沢なゆずジュースが完成!家族へのお土産にしたのですが、子どもたちは炭酸水で割って飲んでいました。小さい子どもには少しすっぱい(好みだと思いますが)ようでしたが、「大人の味―!」と飲んでいました。大人はお酒(焼酎がおすすめ)で割って飲んだりとさまざまな形で楽しむことができたので購入してよかったです!

スポンサーリンク

関連記事
塩けんぴ

販売元は高知県ですが大きめスーパーでも手に入るかもしれません。 黄金千貫(こ ...

ミレービスケットとは? 最近、メディアやネットで取り上げられる事が増え、じわ ...

今回は高知県高知市はりまや町で生み出された「土佐銘菓かんざし」です! こちら ...

高知県のお土産にはかつおのタタキが一番です。 高知のかつおは他県のものと全く ...

no image

司牡丹純米大吟醸の感想 司牡丹に思う事 ニックネーム:ひろちゃん 満足度: ...

更新日:

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2018 All Rights Reserved.