日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

千葉県

千葉県のお土産でおすすめの22アイテム+お土産売り場11スポットを紹介

スポンサーリンク

東京のお隣、千葉県。有名なディズニーランドを始め、多くの観光スポットがありますので、お土産を買う機会も多いと思います。

エリア毎にそれぞれの顔、カラーがあり見どころも十分ですし、何より特産品も多くその土地にゆかりのある商品を買うことができます。千葉県のお土産と言っても一言では表せません。もちろん、一日で見て回ることも難しいでしょう。それぞれのスポットにそれぞれのおすすめ土産があります。

少し、長めの記事になりますが、商品名、写真、買える場所あたりを飛ばし読みしながら一通りチェックしてみてください。

スポンサーリンク

千葉のお土産といえば落花生・ピーナッツ土産は外せません

落下巻:千葉の定番

落下巻パッケージ

ほとんど日常食として食べているので私には感動はありませんが、友人などに食べさせると美味いと好評です。飽きない味で地味なのですが、止まらなくなります。ダイエット中の方にはおすすめしません。また食感が良いのですが、個別包装になっているのでしばらく楽しめる点も推しポイントです。

ピーナツ王子:しょっぱい加工も良い

ピーナッツ王子

パッケージもインパクトがありますが、味も間違いない一品です。ピーナッツは不思議なものであまり加工もしょっぱい加工もいけてしまうんですよね。お土産が甘いものに偏ってしまう時になどにアクセントして選ぶと重宝すると思います。こちらも小分けになっているのでフランクなお土産として人に配ることもできます。また、やますさんという会社から出ている商品となりますが、この会社さんが販売しているものは当たりが多いので、見かけたらトライしてみると良いと思います。
詳細は下記へ。

Pマンピーナッツバターインクッキー

Pマンピーナッツバタークッキー

ピーナッツが有名なだけあって、ピーナッツのゆるキャラも存在しています。千葉のゆるキャラと言えば、「チーバくん」「ふなっしー」がツートップかと思いますが、あえてPマンを選択するというのも面白いと思います。ピーナッツ味の濃厚なクリームは気軽な商品ながらも美味しいと感じてもらえるはずです。詳しくは下記レビューを。

茹で落花生 郷の香:人気の落花生商品

千葉県といえば落花生が有名ですが、鈴市商店の郷の香という茹で落花生は本当にオススメです。
私は茹で落花生がとても好きで色々なところの茹で落花生を食べていました。その時にどこよりも柔らかい茹で落花生が郷の香でした。柔らかくて味がしっかりとしていて歯が弱い人でも食べられるのが特徴のようですが、本当にそれくらい柔らかくて美味しいです。
その味に感動した私は千葉に来た友達には必ずお土産として渡しています。みんな茹で落花生はあまり食べたことがないといいますが、美味しいと言って喜んでくれます。それくらい食べ慣れてない人でも美味しいと思ってくれる茹で落花生です。
また、鈴市商店は落花生の専門店でもあるのでどの落花生もおいしいです。有名なお店としてよく紹介もされていて本当にその通りだと思うくらい満足できるお店です。
ほかのお店の茹で落花生もおいしいですが、柔らかさと味の染み方が他よりもいいのが郷の香でオススメです。

ぴ-なっつ饅頭:甘いピーナッツ菓子なら

甘く煮た落花生の餡が練り込まれているという、まさに落花生が名物である千葉県ならではのお土産ですよね。
落花生は、普段からよく食べるんですが、千葉県の落花生はちょっと違いますよね。落花生のお菓子もかなりありますし、迷ってしまうんですが、やはりこのぴーなっつ饅頭は外せないな。と、思ったんです。
見た目もかなり落花生と似ているので、見ているだけでも楽しいです。
家族へのお土産にと購入したのですが、あまりの美味しさにあっという間に食べてしまいました。
ぴーなっつが、こんなにも甘くなるとは思ってもいませんでした。
意外とホットミルクと一緒に食べるのが美味しかったです。ぴーなっつの甘さと、ホットミルクのあっさりした感じがとても良かったです。

ピーナッツサブレ:素朴だけど美味しい

小さい時に食べた事があるような、優しくて、ちょっと香ばしい香りがする、味わい深いサブレでした。
シンプルなデザインと味わいでしたが、甘い物が苦手な人も、これだったら食べれるみたいなので、とても喜ばれました。仕事関係の方にお土産として渡したのですが、たまたま千葉県出身だという人がいて、とても懐かしがっていました。
どうしてもお土産というと、豪華な物を想像してしまうのですが、たまにはこういう、とてもシンプルな物の方がが良いのかな。と、思いました。
渡す相手の性別などを考えた時に、男性には圧倒的に、シンプルなお土産が喜ばれるという事が分かりました。やはり手軽に食べやすい物が多く好まれているみたいです。

ぴーなっつ最中:餡がたっぷり

やはりピーナッツを使った餡が、たっぷりと入っているのが魅力でした。
外見も、ピーナッツを模した形をしていて、かなりリアルに作られています。こういう、形ですぐにどんな最中か分かる辺りが大好きです。
一見、ぴーなっつ饅頭とよく似ていますが、味が少し違いますよね。どちらかというと、饅頭の方が少し甘さは強かったような気がしました。
しかし、こんなにもたくさんのぴーなっつを使ったお土産があるとは思ってもいませんでした。それも、どれもこれも美味しい物ばかりなんですよね。
ぴーなっつの味もかなり、こんなにもバリエーションが豊富とは思ってもいませんでした。近所の方にお茶請けと出した時に、相手の方は本物の落花生だと思っていたみたいで、笑ってしまいした。

次のページへ >

スポンサーリンク

関連記事
市川PA外観

家族と遊びながらお土産ハンターとして活動していますが、今まで素通りしていた首 ...

no image

房州Tシャツ 道の駅富楽里とみやまで購入しました。 ザ・南房総感あふれるTシ ...

うまくたの里入り口

高速道路ネタが続いていましたが、今回はやっと下道に降りて、道の駅に行ってきま ...

ベビースター伊勢海老

ご当地タイアップのお菓子。ついつい買ってしまうんですよね。 値段が安いという ...

海と太陽の塩レモンチップス

お出かけしたら、お土産を買うが日常になってきました。とはいえ、計画的に買って ...

更新日:

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2018 All Rights Reserved.