日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

千葉県で買いたいおすすめのお土産

千葉県のおすすめお土産!千葉県内のSA/PA、道の駅等で実際に買ったお土産から喜ばれた商品を26個紹介

スポンサーリンク

» 3P目:千葉県内でお土産を買う時におすすめのスポット

まだある千葉県らしいローカル土産

ちょっとネタ枠かな:マックスコーヒーベイクドクッキー

マックスコーヒーベイクドクッキー

こちらはインパクト重視のお土産として利用してください。前提としてマックスコーヒーを知っている人に対してじゃないと駄目ですよね。関東近郊の方へ渡すのであればおそらく通じるはず。市原SA下りで購入できますので立ち寄れる方はチェック。詳細記事も必ずチェック。

千葉の塩辛:活き活きイカ刺し塩辛

いかさし塩辛パッケージ

海に囲まれている県という事だけあって、塩辛はどこにいっても売っています。種類も豊富で迷ってしまうと思いますが、正直どれも美味しいです。パケ買いでも直感でも選んでいただければと思いますが、ひとつだけおすすめをお伝えしておきますね。いきいきいか刺し塩辛白造り(正和物産)は濃厚塩辛で濃い味好みであれば間違いないでしょう。詳しくは下記に書いてあります。

鯛の浦に行ったらこれ一択:鯛せんべい

鯛せんべい

外房にある鯛の浦の郷土菓子です。残念ながら鯛の味はしませんが、見た目だけでなく味も支持されている一品でこのエリアの定番商品となっています。少し離れた場所でも県内ではあればゲットできる場所もあります。鯛の形をしているので少しおめでたい事があった時等に気楽に使える良い商品だと思います。鯛の浦に行ったら鯛せんべいを探しましょう!鯛の浦遊覧船も機会があれば乗りたいですね。

千葉の醤油は一級品:しじみ醤油

しじみ醤油

ここではしじみ醤油を挙げさせてもらいますが、千葉県は醤油の製造も盛んなエリアです。様々な種類の醤油が売られているので売り場を見つけたら是非1本選んでみて下さい。ピックアップさせていただくしじみ醤油はヒゲタ醤油さんから発売されているものです。普通の卵かけご飯をとんでもなくクオリティアップしてくれます。是非お試し下さい。

醤油の名産地だからこその一品:食べるしょうゆ

食べるしょうゆ

千葉県の名産品のひとつに醤油を挙げることできます。実は、醤油だけでなく発酵による商品、味噌や清酒、納豆なども力を入れて生産されています。エリア的には特に千葉県の北部に集中していますが、お土産にもなる美味しい商品が多いものです。

その中でも、おすすめできるのが「食べるしょうゆ 本醸造天然もろみ」という商品です。一時期流行した食べるラー油というものを思い出しますね。勿論、白米にかけて食べてみましたが幸せな朝ごはんを簡単に作ることが出来ました。
また、お酒のおつまみとしても優秀でちょびちょび食べるだけで、いくらでもお酒が飲めてしました。

千葉県北部の道の駅などで見かけると思いますので気になる方は是非、試してみてください。

海苔関連も豊富:のりまる君

のりまる君

まさにおやつのり

ちょっとお土産としては変わった商品かもしれません。のりまる君というネーミングとおり、海苔です。分かりやすく言うなら韓国海苔の食感と味です。開封してしまったら最後、ノンストップで食べきってしまうと思います。気取ったお土産も良いですが、こういった普段使いできるものも喜ばれますよ。パッケージもインパクトがあって良いですね。

ふなっしー関連商品:クッキーや飲むヨーグルトまで

ふなっしー飲むヨーグルト

千葉県といえば、すぐに思い出すのがやっぱり、ゆるキャラのふなっしーですよね。
今だに非公式のキャラでありながらも、テレビなどで元気に活躍しているのは凄いな。と、つくづく思いました。そんなふなっしーの姿がプリントそれている、このクッキーは子供達から圧倒的な人気を誇っています。
私も、知り合いの子供達に購入しました。
また、ふなっしーの飲むヨーグルト等もあり、実用性のあるものもチョイスできます。
お土産を渡した瞬間に、千葉県に行ってきた事が分かるぐらい、ふなっしーの存在は大きいみたいです。

梨ウォーター:オフシーズンも梨を楽しむ

梨ウォーター

ウォーターと書いてありますが、千葉県産の梨を使ったジュースですね。千葉県は全国有数の梨の産地ですが、シーズンが限られているので梨関連商品を探すとふなっしーグッズばかりになってしまいます。シーズンになると市川の梨屋さんが並ぶ通りは賑わいますが、オフシーズンの場合はこんな気楽なお土産を足してみてはいかがでしょうか。缶ジュースの領域は出ませんが、すごく飲みやすく美味しかったです。

市原サービスエリア:MIYABIデニッシュ食パン

MIYABIデニッシュパン

私が高速道路で旅行をする場合は、MIYABIのデニッシュ食パンをお土産で購入します。色々なSAで最近は見かけますが、人気の商品で見つけたときに購入するようにしています。
朝に入荷しても午後には無くなることもあるとサービスエリアの方が言っていましたのでやはり人気商品のようです。
特に市原サービスエリアにはMIYABIのパン屋があるため、そちらに行った際は必ず購入します。バスツアーなどでは皆さんお土産に買って行くほど人気です。
パンはデニッシュパンのためバターがたくさん練り込まれたサクサクふわふわのパンです。とても甘く、そのままでもおいしいですが少しトーストするとより美味しく食べられます。
あまり賞味期限は長くありませんが、私は冷凍して保存しています。

また、販売時はパンはカットされておらず一斤のまま売っているのでお土産にするにも見栄え良いです。自宅で食べる場合には市原サービスエリアではカットしてもらうこともできます。
また、半分で購入することもできます。お菓子などのお土産もいいですが、朝食にもなるおいしいパンはとてもいいお土産だと思います。少し値段が高めのパンは普段手が出しにくいため、もらうと嬉しいと思います。

千葉といえば「びわ(枇杷)」関連お土産も多い:南房総びわロール

南房総びわロール

あまり知られていませんが、千葉の名産としてびわも忘れてはいけない存在です。千葉県富浦産のびわジャム使用のこの商品は県内のお土産売り場ではよく見かけると思います。ピーナッツでも梨でもなくご当地のものとお考えでしたらこのびわロールを試してみてはいかがでしょうか。

しっかりとびわの風味があり、4人で食べたのもあり一瞬で無くなってしまいました。

千葉限定ばかうけあさりバター風味:人気菓子と海の幸のコラボ

あさりのビジュアルが大きく印刷

2枚×8袋入り430円と少し割高ですが、このばかうけはおすすめです。あさりバター風味という事で房総海の幸とのコラボレーション商品となります。
ノーマルばかうけもそもそも美味しいのですが、濃厚なあさりのお出汁が効いたばかうけも是非一度ご賞味あれ!

銚子電鉄ぬれ煎餅:煎餅の枠を越えたアレンジレシピも楽しめる

銚子電鉄ぬれ煎餅パッケージ斜めアングル

鉄道ファンの間では有名な一品。3種の味が入っていますが、濃い口の煎餅に関してはマヨネーズ、青のりトッピングでいただくと立派なおつまみにも変身します。
勿論、お煎餅としてお茶と楽しんでも良いですし、アレンジレシピを駆使してお酒のあてにもすることができます。
どこに行ってきたのかも分かりやすいところも良い点ですね。

次のページへ >

スポンサーリンク

関連記事
房総麦茶

今回紹介する商品は、ペットボトルのお茶なので、お土産としてはなかなか使いにく ...

千葉の恋人

湾岸自動車道のマニア向けPAである市川PAで購入しました。白い恋人のパロディ ...

チーズ饅頭パッケージ

千葉県を遊びまわっていて発見した事は、酪農発祥の地であるという事です。 どう ...

いかさし塩辛パッケージ

実は千葉県の塩辛っておいしいものが多いのです。道の駅や房総の房の駅などを始め ...

チバリバリパッケージ

ピーナッツは甘いものともしょっぱいものとも相性の良い不思議な食材です。 千葉 ...

東京都在住。
週末に家族と出かけ、そこで出会うお土産を収集するのが趣味。
お土産は旅の思い出をぐっと深く、豊かにしてくれる特別な買い物だと思っています。
このブログ運営を通じて少しでも多くのお土産に触れていきたい。

更新日:

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2019 All Rights Reserved.