日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

こたべ:少量で嬉しい京都を代表する新お土産商品

スポンサーリンク

投稿日:

京都を代表する八つ橋の新商品!全国のお土産の中においてトップクラスの人気を誇るものの1つが京都を代表する八つ橋です。修学旅行や観光目的の旅行でもついお土産にと購入してしまう定番のお土産です。

しかし今、人気を誇っている定番の八つ橋に新しい商品が登場しています。その名も「こたべ」です。

こたべとは

「こたべ」とは、八つ橋を半分のサイズにカットした一口で食べることができる八つ橋のこと。また1箱に同封されている数は5個と少量であることも特徴の1つです。

八つ橋を購入する際に困ってしまうのが1箱の数量が多いことではないでしょうか。自宅に持ち帰っても家族が3人〜4人であり、食べきるには1人3個以上食べなければいけないという点がネックなところ。また、一度開封すると米粉でできているため、乾燥して八つ橋特有の柔らかいお餅の食感が変化してしまうのでできれば食べきれる量がいいなというところがありました。

そんな声にお応えしてか?八つ橋を販売している会社の1つ「おたべ」さんで新しく売り出されているのが今回ご紹介する「こたべ」なのです。

なぜ「こたべ」を購入しようと思ったか?

こたべを購入しようと思ったきっかけは、1人〜2人で食べきれるお土産を中心に探していた時に見かけたことでした。

今回、京都旅行をした時にお土産を購入して帰る相手は両親と友達夫婦の2組分でした。どちらも2人暮らしだったので2人で食べきれる量のお土産を選んで帰ろうと思っていた時に、お土産屋さんを見渡しても見慣れた大きいサイズの八つ橋や10個入りの饅頭などのお土産しかありませんでした。

もし自分がお土産としてもらった時に、申し訳ないけど10個も食べきれないなというのが本音なところ。せっかく渡すなら喜んで食べて切ってもらえるような分量のものにと思っていたところ京都市南区にある「おたべ工場」を見学した時にこたべと遭遇しました。

初めて見るこたべは店内で試食も提供されており、どんな味か?どれだけ量が入っているのか?など店内で確認をすることができました。また、お土産を選ぶ際に意外と食べてみたら美味しくなかったということもありますので、事前い実食できるところは外せないポイントでしたのでこちらの条件もクリアしていたのでこたべに決めました。

どこがおすすめか?

こたべのおすすめポイントは3つあります。
1つ目は、食べきりサイズであること。大人2人であれば十分1度で食べきれる枚数の八つ橋が入っているため、少人数の家族向けのお土産としてぴったりな分量でした。

2つ目は、外箱が季節によって変わるということでした。
お土産で中身と同じくらい重要なのが外箱の装飾でした。購入したお土産が安物に見えないことを重視していたので箱に対する手の込んだき気配りやサービスを考えると総合的にこたべ以上のものに京都で出会うものはありませんでした。また、来館した時期に合わせて粉雪が舞う冬バージョンのパッケージもありました。

3つ目は、味がのバリエーションが豊富なこと。
通常の八つ橋を同じく抹茶やニッキをはじめ、「ショコラ」「栗きんとん」「黒豆」などの京都イメージする食材を使った味の八つ橋がありました。受け取る人の好みに合わせて購入することもできるのが魅力でした。

こたべを購入してどうだったか?

実際に購入して友人に手渡しする際に、まず驚かれたのがやはりパッケージの和柄模様でした。京都らしい和柄にデザインされたパッケージの梅や粉雪などのイラストがとても印象的で受け取ってすぐに笑顔にすることができました。

また、こたべという商品自体に馴染みがなく「八つ橋と何が違うの?」という質問もよくされました。八つ橋といえば定番のお土産ですがこたべとなるとまた同じ八つ橋でも新しいお土産品として新鮮味があるようで京都の八つ橋に飽きている人でも再び喜ばせることができる代物です。

こたべはこんな時に使える

こたべの用途はお土産だけではなく、お手頃な価格と分量によって結婚式の引き出物としても活用できるほか、お茶会の席にもぴったりな品だと言えます。こたべと名前が変わっても八つ橋本来の風味と味わい深いところはそのまま残っているので八つ橋好きにも自信を持って美味しいと喜んでもらえる手土産となることは間違いありません。

京都でお土産迷っている人は、定番の八つ橋を購入する際には是非、こたべの存在を思い出していただければと思います。京都は美味しくて魅力的なお土産がたくさんありますが、京都市内のお土産やさんでもこたべを仕入れているところがありますので、本店にいけない人でも購入することができますので安心です。また、購入するのが難しい方でもインターネットから取り寄せることもできるので、手土産で荷物になるという人や京都に行って購入するのが難しいという人でも大丈夫なのが嬉しいところです。

ぜひ、お土産に困った際にはこたべを購入してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

こたべの商品情報

商品名こたべ
製造者・販売者株式会社美十
住所-
賞味期限発送日含む11日間
購入場所おたべ(京都市内)
価格378円

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2018 All Rights Reserved.