日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

ザ・広島銘菓「にしき堂の生もみじ」

スポンサーリンク

更新日:

にしき堂の生もみじです。

もみじ饅頭は広島銘菓としてご存知の方が多いと思いますが、こちらは「生」もみじという商品で、
ノーマルのもみじ饅頭に負けず劣らず大変おすすめの商品です。

商品名につく「生」から、生クリームや生キャラメルなどの食感イメージするかもしれませんが、いえいえ、ほかにはない独自の食感を生み出しています。

なぜ「生」なのか?ですが、これは京都にきっかけがあるようです。京都には八つ橋と生八つ橋があり、もみじ饅頭にはそれがない、、、これが生もみじ開発のきっかけになったようです。

なぜにしき堂の生もみじおすすめか

namamomiji
http://nisikido.co.jp/kasi/22namamomiji/

ノーマルのもみじ饅頭も、こしあんの他に、つぶあん、抹茶、チーズ、メープル、お芋、チョコ、、、などバリエーション豊かで土産物としても大変喜ばれるものと思いますが、こちらの「生」もみじも大人気です。

もみじ饅頭との一番の違いは、そのもちもちしっとりとした食感です。

生地に餅粉と米粉が入っているため、もみじ饅頭とはまた違った食感が楽しめます(もみじ饅頭はカステラ生地です)。
バリエーションはこしあん、つぶあん、抹茶の3タイプとなります。
表面にかわいい(?)鹿の絵柄も刻印されていますので土産物として喜ばれるかと思います。

私は初めてこの「生」もみじを食べた時、その食感と上品な甘さを感じた瞬間に、ノーマルのもみじ饅頭を超えました。そして、すぐに大ヒットすること間違いなし、とも思いましたが現にもみじ饅頭の売り上げを抜いたそうです。

にしき堂の生もみじはこんな方におすすめ

このように、従来のもみじ饅頭を超えた広島銘菓となってしまった「生」もみじですが、10個入り、20個入り、32個入りなど、いろいろな場面に応じた数が準備されていますので、

親戚や県外の出張先の取引先などにもおすすめではないでしょうか?(もちろんご自宅用にも)

また、これに限らずではないのですが、海外では日本のお菓子は大変喜ばれます。先日、この生もみじを中国へ出張した際にいくつか配ったのですが、食感と控えめな甘さは中国でも大変好評でした(日持ちは約2週間です)。

にしき堂には、ほかにも、はっさくとレモンをふんだんに使用した「せとこまち」、カステラの切り口を十二単衣に見立てた洋風和菓子「新・平家物語」、美しい色どりの水ようかん「紅葉だより」など主力商品はたくさんありますが、この「生」もみじ、選んで間違いありません!

広島のお土産の知名度No. 1もみじ饅頭

広島といえば誰もが思いつくであろうもみじ饅頭は定番でとっても美味しいです。広島市内にももみじ饅頭専門店がありますし、駅のお土産売り場や駅構内、航空にも売ってあります。

また宮島にもたくさんのもみじ饅頭が売ってあります。大手もみじ饅頭メーカーでも、特に有名なのが藤い屋さん。しみせ店で生地が、ふわふわしており、甘さが控えめな餡がとても美味しいです。ほかにもたくさんのメーカーさんがあるので、こしあんや粒あんの味、生地の違いなど、食べ比べをしていてもおもしろいかもしれません。よく見てみると、生地の焼き加減や色の違いが分かります。

なぜもみじ饅頭がおすすめなのか?

最近のもみじ饅頭はあんこがこし餡かつぶあんかの違いだけでなく、カスタードや抹茶、チョコといった、女子高生でも小学生でも楽しめる味が増えています。男性には、あんこが苦手という方も多いと思いますが、チョコなどのバリエーションが多いと選ぶのも楽しくなります。今では5個入りで一つずつ味が違う種類の入った箱売りもあるので、いろんな種類を食べ比べできます。チョコやカスタードが入っているので、自宅に帰ってから、もみじ饅頭とバニラアイスや生クリームを添えて食べてみてもカフェのような雰囲気を味わうことができます。形ももみじの形をしているのですごく可愛いですし、写真に残してSNSに載せても可愛いです。

また、広島の宮島では実際にもみじ饅頭を作ることができます。お土産を買うついでに、もみじ饅頭づくり体験もできるなんてとてもお得です。そしてそこでは、紅葉饅頭を高温で天ぷらにして揚げて、揚げもみじとして食べることができます。あんこ、クリーム、チーズの3種類あります。チーズはあげるととろっとしていますし、暖かいクリームも美味しいです。外はカリッとしていて、中はふわふわの出来立て揚げたてはとても不思議な食感でとても美味しいです。

さらには、チョコ好きの人にはうってつけの、カステラ生地のもみじ饅頭をチョコでコーティングしたチョコもみじも人気です。あんこが全く食べれないけど、チョコなら食べられるという人にチョコもみじをお土産にしてみてはいかがでしょうか。季節的にもバレンタインに合わせたお土産にしたら、今までと違った思い出が作れるかもしれません。

また、キティーちゃんとのコラボもみじ饅頭も可愛いです。もみじ饅頭の記事にキティーちゃんの絵が描いてあるので、キティーちゃんが好きな方には必見です。

私の好きなもみじ饅頭

私の好きなもみじ饅頭は、生もみじです。揚げもみじや普通のもみじ饅頭もおいしいのですが、生もみじ饅頭はしっとりともっちりとしていて、とても上品な味わいです。もみじ饅頭がカステラ生地に対し、生もみじ饅頭の餡を包んでいる生地はお餅が入っているのでもちもち感がたまりません。もみじ饅頭はカステラ生地がけっこう分厚いのですが、生もみじ饅頭は皮が薄いです。それも、美味しい秘訣かもしれません。あまり日持ちがしないのでお早めに食べていただく必要がありますが、年配の方であまりもさもさしたお菓子が嫌いな方はこちらの生もみじをお勧めします。記事には鹿の絵がかいてあり、目で見ても楽しめます。

また、私の好きなもみじ饅頭のアジはチーズ味です。カスタードやチョコも美味しいですが、チーズが入ったもみじ饅頭はワインにも合うので夜のおつまみにすることもできます。最近では、あんこにもいろんな種類があり、白あん、黒あん、栗餡、芋餡、みかん餡など様々あります。日本酒にも合うと思います。一個ずつ100円程度でばら売りしているのでぜひ試してもらいたいです。

もみじ饅頭をお土産で買って嬉しかったこと

もみじ饅頭といえば、あんこが入っていて生地がぱさぱさというイメージがありますが、そのイメージを壊すことができるという喜びを感じることができます。

最近のもみじ饅頭ってこんなのがあるんだと新しい発見をしてもらいたいのです。実際に、職場の同僚にもみじ饅頭をお土産で持っていったところ、上司にあたる人が、俺はもみじ饅頭はあまり好きじゃないと言っていたのです。なんとか説得してその人が唯一食べれるかもしれないと言った抹茶餡のもみじ饅頭を食べてもらいました。

すると、今のもみじ饅頭はこんなにもおいしいのかと絶賛してくれました。今では、広島に行くと伝えるともみじ饅頭を買ってきてくれと頼まれるほどになりました。昔ながらの味も残しながら、最近のブームにも乗っかり、いろんな人に食べてもらえるのはとてもいいことです。もみじ饅頭のたくさんのメーカーの中から自分好みのメーカーさんを見つけ、ずっと変わらない味、新しい味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

先月広島に行った際にもみじ饅頭と一緒に、もみじ饅頭そっくりな携帯ストラップを子供に買ってあげたらとても喜んでいました。もみじ饅頭と一緒にもみじ饅頭グッズも買ってみるのもいいかもしれません。

生もみじの感想レビュー

広島新幹線名店街で購入できます。

くせになるモチモチ食感

ニックネーム:らら 満足度:

広島の代表的なお土産「もみじ饅頭」ですが、数年前に新商品が出ました。
これまでのカステラ生地もおいしいのですが、こちらは生地に広島産のもち粉と米粉を使っており、モチっとした食感がくせになります。
こしあん、粒あん、抹茶あんの3種類の詰め合わせで、それぞれのあんの風味と食感を楽しむ事が出来ます。
こしあんは、ほのかにゆずの風味がしました。
生菓子なのですが、2週間日持ちがするのでお土産に最適だと思います。
日にちが立つにつれ、より味に深みが出るそうで、甘すぎることはなく上品な味わいなので、和菓子が好きな人なら誰でも好まれると感じました。
見た目はカステラ生地なのですが、一口食べてみるとお餅のようなしっとりとしたモチモチ食感なので、そのちょっとしたギャップも楽しめてお勧めです。
広島のお土産屋さんに入れば大抵置いてあり、6個入りから32個入りまで揃っています。
にしき堂のオンラインショップでも購入可能です。

安心の定番お菓子

ニックネーム:ほたる 満足度:

広島といえば、もみじまんじゅうだと思います。老若男女問わず好まれると思います。
こしあん、粒あんはもちろん、チーズクリーム、チョコ、お芋、お餅。
最近は味や食感もバリエーション豊かです。
昔からの定番和菓子となると、子供にはうけないのではと思われますが、
アレルゲン対応のすこやかもみじや、ドラえもんのどこでももみじなど、こどもへのおみやげにもバッチリです。
中でも、最近の人気は生もみじです。モチモチしっとりしていておいしいです。抹茶味や柚風味のこしあんがあります。もちもち系だと、私は焼き餅咲ちゃんも大のお気に入りです。
また、期間限定で広島の企業であるマツダとのコラボレーションパッケージも売られてました。
広島に行くと誰かへのお土産プラス自分やこどものおやつにも買ってます
ただ、2週間ほどの日持ちなので、早めに会って渡せる人へのお土産です。

こちらもおすすめ。

スポンサーリンク

生もみじの商品情報

商品名生もみじ
製造者・販売者-
住所-
賞味期限-
購入場所広島空港
価格-

生もみじ - 口コミ・評判

出会ったことのない饅頭

初めまして。そう言っても良いくらい衝撃を受けたのが『生もみじ』でした。
田舎が広島の為、帰るたびにもみじ饅頭を買っていました。ノーマルなものからチョコレートがコーティングされているもの等その中で、生もみじを買って食べた時にはあまりの美味しさに友人に買って準備していたお土産まで無意識に自分で封を開け食べきってしまった程です。
一番のお気に入りは、粒あんタイプ。薄皮なのにモチモチとした皮に包まれた粒あんたち。口の中で程よく弾力ある食べ応え。なのに美味しすぎて一瞬にして食べ終えてしまうこの味わい。また餡の甘さの丁度良さが良いんです。甘すぎないのに優しい甘さでお茶との相性が抜群なんです!さらに広島空港のお土産コーナーでは、箱売りは勿論ですが単品ずつでも購入が可能です!その為、私は2回目以降お土産とさらに私のお気に入りの粒あんタイプの単品を20個くらい自分用に買います!もはや、もみじ饅頭とは別物です!食べたことない人はぜひ単品で試して食べてみて欲しいです!ちなみに飛行機に乗っている間のおやつにもピッタリです。

ふーそつんさん

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2018 All Rights Reserved.