日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

沖縄の定番お土産。沖縄にきたらお菓子御殿の紅いもタルト。

スポンサーリンク

更新日:

沖縄の定番お土産といえば

沖縄の定番お土産といえば「ちんすこう」ですが、ちんすこうは昔からの定番の為に違うものも買ってみたいと思いませんか。

ゴーヤやパイナップルなどの南国フルーツも沖縄のイメージが強くお土産として良いのですが、ここでのおすすめは「紅いもタルト」です。

紅いもは沖縄で採れるサツマイモのような甘さが濃厚なお芋なのですが、サツマイモとはまた違う独特な甘さや香り、見た目にも綺麗な紫色が大変魅力的な穀物です。

ただ、この紅いもはイモゾウムシ類等、害虫の県外流出を防ぐために検疫でひっかかってしまいます。その為に加工していない紅いもは県外に持ち出せません。

つまり、沖縄以外では「紅いもタルト」は作れないので、お土産として向いている商品だといえます。

紅芋タルトを買うなら「お菓子御殿」

okashigoten

紅いもタルトという商品は、色々なところから発売されています。
見た目にも似通っていて一見どれを買っても同じに見えますが、買うのであればお菓子御殿の紅いもタルトが良いでしょう。

元祖と銘うっているだけあり、紅いもタルト発祥がお菓子御殿だそうで、全国菓子博覧会で名誉総裁賞をはじめ、観光庁長官賞や様々な賞をとっています。また、モンドセレクションでは最高金賞などもとっています。
沖縄県内でも評価が高く、内閣府沖縄総合事務局長表彰も受けているとされています。

この評価だけでも十分に箔の着いたお土産といえるのではないでしょうか。

お菓子御殿の店舗

紅いもタルトを購入できるのは、空港でも購入が可能ですが、時間の許す限り出来れば「お菓子御殿」の店舗で購入をおすすめします。
お菓子御殿の店舗は”読谷本店、恩納村、国際通り松尾店、名護店”を始め、小さな店舗も数々ありますが、やはり行くのであれば大きな店舗をおすすめします。

・大きな花笠が目印「読谷本店
さとうきび畑の向こう側には大きな花笠がお出迎え・・・といったシチュエーションから沖縄らしさを感じる読谷本店では、工場ラインが見学できます。
カフェや沖縄料理も味わう事ができるのでランチをこちらで堪能する事もできます。

・ビーチが素敵な「恩納村店」
リゾート地の恩納村の店舗では店の向こう側に綺麗なビーチがあります。
2階のカフェからは綺麗な沖縄ブルーを眺めながら食事もでき、またビーチに降りることも出来るので、少し遊んでいくのも楽しいです。
こちらでも工場見学もでき、更に紅いもタルトつくりも体験できます。

・原始の森を体感できる「名護店」
名護店ではやんばる亜熱帯の森があり、珍しいヒカゲヘゴを見ることができます。また、道路をはさんで向かいには沖縄民俗資料館もあり、沖縄文化を知る事ができます。
名護店にはランチビュッフェもあり、美味しいお食事も出来ます。

国際通りでは首里城をテーマにしていたりとお菓子御殿では各店舗で様々な趣向があり、お土産を買うだけでない楽しみがあるので、是非一度訪れてみたい場所でもあります。

紅いもタルトはこんな方へおすすめ

自分へのお土産として美味しいものを買って帰りたい人、お土産を買うにも楽しんで買いたい人には是非お菓子御殿での買い物をおすすめします。

上記で書いたとおりにお店によってはお土産屋とは思えないようなアミューズメント性も備えたところも多く、お土産を適当に選びたくなくても、お土産だけでどこかへ探しにいくというのも時間がもったいないと感じるのであれば、遊びにいく感覚で紅いもタルトを買う事ができます。

また、紅いもタルトだけでなく、他にもお菓子御殿独自のお菓子はどれも美味しく試食もできるので、他にも良いお土産が見つかります。

紅いもタルトの数量は、6個、10個、15個入りの3種類あるので、それぞれ個人に渡す用、職場で配る用にと使い分けも可能です。

味も甘さはしっかりとした甘さがありますが、小豆餡のようなしつこい甘さではない為、甘いものが苦手でも食べやすさを感じる思います。
パッケージが明るいので、親しい方へのお土産としておすすめの一品です。

紅いもタルト飽きない食べ方

せっかくいただいたお土産ですが、いただいたものの食べきらないうちに飽きてしまうという事も意外とあるものです。

特に家族が少ないい方の場合は1箱いただいても困ってしまう事があるので気を付けたいところですが、紅いもタルトは1つの味わい方だけでないという点でも面白いお菓子です。

まずは常温の普通にたべる紅いもタルト、これは普通に美味しいです。
そして、次に冷蔵庫で冷やして食べる紅いもタルト、これは夏にピッタリです。
冷蔵庫から出して口に入れると、餡がヒンヤリして、また少し歯ごたえも出てまた違った味わいになり、暑い日でもパクパクと食べたくなります。

次はオーブントースターで温める食べ方です。

袋から出して耐熱皿に置いてオーブンで温めます。温める具合は好みで調整すると良いのですが、温める程度にするとタルト生地がホロホロと優しい食感になり、また優しく広がる甘さが堪りません。
ほんのり焼き色がつくくらいで温めると、餡が焼けているところがほんのり香ばしくなり、更に美味しくなるのでオススメです。

特に秋や冬は温める食べ方はより一層美味しく感じます。
この食べ方は、パッケージの裏面にも書いてあるので受け取った人は自分で楽しめることが出来ます。
渡す時に「普通の味に飽きたら、パッケージの裏にも書いてあるように温めてみると美味しいよ」と一言つけて渡すと通っぽくて良いかもしれませんね。

沖縄にきたら紅いもタルト

おすすめポイントは多々ありますが、まずはお菓子御殿で試食ができるので、是非試食してみてください。
そこから自分で決めて購入すれば確かだと思います。
また、もし時間がなくてお土産にまよっていたら、紅いもタルトを買うなら「お菓子御殿」のものを選ぶことをオススメします。

定番ともいえるお土産ではありますが、それだけあって買う価値ありのお土産だといえます。

元祖紅いもタルトの感想レビュー

元祖紅いもタルトの感想レビューです。

お芋嫌いな私が食べれた!

ニックネーム:初めての沖縄ちゃん 満足度:

沖縄に移住してしまった友人からこちらに遊びに来るお土産は何がいいかと言われ、沖縄は行った事がなかったので「私が食べれそうな物で」と頼みました。そしたら紅いもタルトをくれて食べたらものスゴく美味しくて沖縄に行ってみたいと思い、私は彼と一緒に沖縄に行くことになりました。初めての国際通りで色々なお土産があり迷いましたが、私はもう一度あの紅いもタルトを食べたく友人に名前を聞いたら沖縄銘菓の元祖紅いもタルトだと聞いて大量に買いました。
最初はただ単にお芋の味が強くタルトも硬そうだなと正直思いお芋があまり好きじゃない私はそそられなかったのです。流石に友人からのお土産で食べないのも申し訳ないので一つ食べて残りは家族にあげようと思い一つ渋々食べてみました。そしたら口に入れた瞬間崩れ落ちるほどの柔らかさで正直びっくりしてポロポロ落としてしまったのですが、その後が一番びっくりしました。お芋の独特な味があまりしなくて甘すぎず甘くなさすぎずで絶妙なバランスでした。バターの風味も程よくありとても食べやすかったです。それから沖縄には何度も足を運びその度にまとめて買っています。お土産にはとても喜ばれる物だも思います。

沖縄と言えば紅芋タルト

ニックネーム:ぱんだちゃん 満足度:

私達夫婦の新婚旅行の行先は沖縄県でした。10月に行ったのですが、沖縄はまだまだ気候的に暖かくて非常に過ごしやすかったです。レンタカーを借りて、美ら海水族館等の観光スポットをたくさん巡りました。その観光中に御菓子御殿に立ち寄り、親類や友人たちのお土産にと紅芋タルトを購入しました。初めて目にする紅芋タルトは、クリームの部分が紫色で正直食欲が湧くような色ではないのですが、実際に試食で食べてみると甘すぎずタルトの部分もしっとりしていて美味しかったです。10個入りで1000円と買いやすい値段でもあるので、沖縄土産にはもってこいの商品だと感じました。地元に帰ってきて、親類や友人に渡すと美味しいと絶賛されたので、このお土産を選んで正解だったと思いました。また、親友が同じく沖縄旅行に行った際にもお土産にと私に紅芋タルトをくれたので、やはり沖縄のお土産としてかなりポピュラーなのだと感じました。

紅芋タルトの動画

スポンサーリンク

元祖沖縄銘菓 紅いもタルトの商品情報

商品名元祖沖縄銘菓 紅いもタルト
製造者・販売者-
住所-
賞味期限-
購入場所お菓子御殿 恩納村店
価格-

元祖沖縄銘菓 紅いもタルト - 口コミ・評判

見栄えもコスパも良いお土産

細長いボート状のタルト生地に、バターがきいた沖縄県産の紅芋がたっぷり絞り込まれているお菓子です。タルト生地は固いタイプではなく、ソフトでしっとりしているので食べやすいです。また紅芋の色が鮮やかで見た目もキレイです。個包装されたタルトは、透明のパッケージに入っていてタルトがしっかり見えますし、そこに沖縄らしい絵が書かれているので見栄えも良いです。このタルトは冷やしても美味しいですし、逆にトースターで温めても美味しいので、色んな楽しみ方ができます。サイズも割と大きめで、それでいて1個およそ100円なのでコストパフォーマンスが高いお土産だと思います。
サイズも6個入りからありますし、常温で30日の賞味期限があるので、職場やご近所さんに配るにはちょうど良いお土産だと思います。また私が行ったお菓子御殿恩納村店では、この紅芋タルトを手作り体験することも出来るようです。家族へのお土産に手作りのタルトを作ってみるのも良いかもしれません。

べにべにさん

こってりクリーミー!見た目も可愛くて、美味しい!

沖縄に行く際に友達に「買ってきてほしい」とリクエストされるまでは知らなかったのですが、どうやら沖縄では有名なスイーツのようですね。専門店があちらこちらにあるようで。最初実物を見たときは正直、お芋ペーストがあんまりに紫色なんで、うわあなんじゃこりゃ!大丈夫かな…と思いました。笑 帰ってきてからも皆で食べたのですが、サイズは想像よりは小さい!というのがまず最初の感想。高級なものなので、大事に大事に食べます。お芋とクリームのこっくり感がたまりませんね。大きいサイズのものをがっつりと味わいたいくらい美味しかったです。男女ともに好評でした。口当たりはクリーミーですがしつこい甘さはなく、後味はすっきりとしていました。食べたことない人は一度食べてみてほしい。今は生タルトバージョンも売っているみたいですね。私が行った頃はなかったと思ったなあ。そっちも気になっています。今度沖縄に行ったら食べ比べてみたいですね。

ねこたろうさん

東京都在住。
週末に家族と出かけ、そこで出会うお土産を収集するのが趣味。
お土産は旅の思い出をぐっと深く、豊かにしてくれる特別な買い物だと思っています。
このブログ運営を通じて少しでも多くのお土産に触れていきたい。

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2018 All Rights Reserved.