日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

道の駅庄和外観

道の駅庄和(埼玉県春日部市)のお土産やグルメ・食事メニューはどんな感じ?食彩館のメニューや産直野菜も買えるふれあいホールを紹介します!

スポンサーリンク

更新日:

東京からもほど近い、埼玉県春日部市はクレヨンしんちゃんでも有名な町ですよね。周辺には魅力的なお出かけスポットも点在していますし、とても魅力的な場所です。

そこにある道の駅庄和さん。なかなか評判も良い道の駅ですが、実際に行ってみましたので、そこで買えるお土産情報を中心にレポートしていきたいと思います。

いろいろ道の駅やSA・PAには立ち寄っていますが、比較してみても満足度が高いスポットでした。後半に写真が沢山出てきますので飛ばし読みでもしていってください。

道の駅庄和とは

道の駅庄和はどこにある?アクセス方法は?

まずは道の駅庄和はある場所からですが、住所は埼玉県春日部市上柳995番地。高速道路のICは近くには無いのですが、国道4号と16号が近くを走っている為アクセスは便利な場所にあります。

ICからの時間は常磐道柏ICはから40分程度、東北道岩槻ICから30分程度となります。

道の駅庄和の特徴

歴史的には大凧が有名な地となり、外観にも大凧が飾られていますのでシンボルとなっています。
ただ、大凧を目当てで行く人も多くはないと思います。

しかし大凧が無かったとしても道の駅として素晴らしい場所です。

主要要素として考えられている産直市場も充実していますし、近隣エリアのお土産購入も十分にできます。

また、軽食のみならず食堂の機能も優れていて満足のいく食事をきっちりとることができます。実際に利用してみてもかなり満足度の高い食事をとることができましたので後ほど写真を交えて紹介していきたいと思います。

また、春日部市という事もあり、「クレヨンしんちゃん」に関するグッズも入手することができました。

お子さんがいる場合などは是非チェックしておきたい要素かと思います。
お子さん向けには嬉しい遊具施設も少しですがありますのでここも見逃せないポイントでした。

では、実際に行ってみても感想レポートを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

道の駅庄和のお土産売り場や食事処はどうだった?

道の駅庄和で買えるお土産は?

ではお土産売り場の様子から紹介していきます。真ん中の建物ふれあいホールという場所が販売所となっています。
道の駅庄和ふれあいホール入り口

建物自体はそれほど新しくないのかもしれませんが、とても清潔で開放感もあり広く感じました。
開放感のある店内:道の駅庄和

16時頃の利用と少し遅い時間でしたが、館内は人も多く賑わっていました。
道の駅庄和は人で賑わっていました

埼玉と言えばお煎餅という事で結構多くの種類が取り揃えられていました。
道の駅庄和のお煎餅売り場

お煎餅が豊富

シーズンだったからかもしれませんが、お米、新米の扱いも大々的にされていました。
新米売り場

精米機

箱菓子コーナーも充実していて近隣のエリア(静岡や茨城、長野、栃木等)のお土産も揃っています。
信州味噌チーズスティック売り場

りんごの初恋売り場

ご飯のオトモ系商品。
ご飯のオトモ商品

地酒関連コーナー。
道の駅庄和地酒の陳列棚

和菓子コーナーも商品数が多かったです。
お餅もあります

甘いものも

加工品は盛りだくさん

売り切れも多かった。
和菓子は売り切れ

冷凍コーナーもあります。
道の駅庄和冷凍ケース売り場

有名なホワイト餃子も販売されていました。
道の駅庄和で売っていたホワイト餃子

お決まりの子供のおもちゃコーナーもありますが…
子供のおもちゃ売り場

ここに来たら、クレヨンしんちゃん絵はがきセットを買うべきでしょう!
クレヨンしんちゃんの絵はがきセットが売っている

事務室で購入できます。
道の駅庄和事務室

絵はがきセットについてのレビューはまた別の記事として紹介したいと思います。
クレヨンしんちゃん絵はがきの中身

産直コーナーの方も充実しています。
産直売り場

野菜売り場

訪問時間が16時頃だったという事もあり、野菜等はやはり売り切れが多かったです。

惣菜コーナーも広いですね。私たちは食彩館で食事をしましたので惣菜は買いませんでしたが、こちらもお弁当をベンチや車内で食べるのも良いですね。
惣菜売り場

私たちはクレヨンしんちゃんラムネをいただきました。
クレヨンしんちゃんラムネ

スポンサーリンク

道の駅庄和の食彩館では何が食べられる?

次は食事処の紹介です。(時系列的には先にこちらで食事しております。)

食堂となっている食彩館はふれあいホールとは別の建物となります。外観はこちら。
道の駅庄和食彩館

美味いもの、隠れグルメに出会えそうな予感がプンプンしてきますね。
道の駅庄和食事メニュー

牛スジカレー看板

16時の利用という事もあって、何ご飯になるのかという悩みはありましたが、気にせずに食べることに。

だって、このラインナップですよ。食べたいものを食べないと後悔すること間違いなしです。

社員通用口のような入り口を恐る恐る開けると、ちゃんとフードコートのようになっていました。
道の駅庄和食彩館入り口

道の駅庄和食彩館に入ると

食券制です。
道の駅庄和食券機
2つ目の食券機

中にもメニューが掲出されています。
食券機の上のメニュー

店内のメニュー

食彩館の様子

うどんそばのメニュー

またもや券売機の前で5分悩んだ挙げ句、

  • 春日部飯店の担々麺
  • つどい亭の辛口玉子らーめん
  • 麦ぼうずのすったてうどん

を食べてみました。

いつもであればここで写真を紹介するのですが、データが消えてしまいました。
無念。

でも、どれも最高に美味かった。お客さんも地元の人は半分くらいでしたのできっちり支持されているお店なのでしょう。

この公民館のようなスペースもフードコートの一部です。小さい子供用の椅子もあり、ばっちりです。
広い飲食スペース

また、この奥のスペースは1時間500円でスペース貸しもしているようなので日によっては手前の部分だけが食堂として営業しているかもしれません。

また、今回は利用しませんでしたが、屋外にも店舗があります。
グルメ横丁と題してあります。
道の駅庄和グルメ横丁

クレープや串焼き、おにぎり、かき氷なども売っていましたので軽食で済ませたいという方はこちらも利用もおすすめです!
道の駅庄和クレープ屋さんなど

敷地内にはベンチなども多く用意されていました。
道の駅庄和円形ベンチ

夕暮れの道の駅庄和

道の駅庄和には子供が遊べるスペースもある!

なんと嬉しい事に、ここの道の駅には子供が遊べる小さい公園のようなスペースがありました。

ザイルクライミング、滑り台、懸垂をするような健康遊具がかなり広いスペースに設置してありました。

ザイルクライミング

滑り台もあります

芝生の敷地内に広々と置いてありますのでドライブに飽きた子供達にはとても嬉しい要素だと思います。

駐車場との境にはフェンスが設置してありますが、まわりは道路ですので車には注意して安全に遊びたいですね。

子供向けも意識してくれているのは子連れドライバーとしては最高に有り難いです。

その他の施設情報(情報館)

また、この遊具施設とは反対側には情報館という建物もあります。
せっかくなので少し覗いてみましたが、道の駅巡りをしている自分にはとても有益なスペースでした。
道の駅庄和情報館

埼玉県内の道の駅紹介コーナー。
埼玉県内の道の駅紹介コーナー

20箇所もあるんですね。日本全国だと1134箇所。はたして制覇できるのでしょうか。
道の駅マップ

道の駅の機能と目的。
道の駅の機能と目的

改めてこう整理されると非常に重要なスポットだという事が分かります。是非皆さんも道の駅の発展、維持の為に沢山買い物をしましょうね。

スポンサーリンク

道の駅庄和の感想まとめと基本情報

という事で、以上が実際に道の駅庄和に行ってきた感想レポートでした。

またお気に入りの道の駅を発見できて嬉しいですね。

通常であれば都内から1時間かからない立地だと思いますが、利用タイミングは3連休の中日。周辺も渋滞がひどく、ここで休憩・食事をしっかりできて良かったです。

また、思いがけず、子供向けの遊具があったり、クレヨンしんちゃんのグッズが入手できたりと満足度も高くなりました。

食事を写真付きで紹介できなかったのが残念ですが、メニューも多く再訪問間違いなしの食事処です。

観光雑誌やサイトではどうしても大凧というキーワードが目につくと思いますが、それを抜きにしても素晴らしい場所なのではないでしょうか。

しっかり休憩できてほしいものも購入できます。

立ち寄るか悩んでいるようでしたら利用を強くオススメしますよ!

では\(^o^) 引き続き道の駅を攻めていきたいと思います!

埼玉県のおすすめお土産チェックはこちらかもどうぞ。

名称 道の駅 庄和
駐車場 普通車159台、大型車42台、障害者用2台
コンビニ 無し、売店機能はあります。
食事 食彩館、屋外にも軽食あり
売店 特産品直売所、地域物産館
ガソリンスタンド 無し。充電スタンドあり
住所 埼玉県春日部市上柳995番地
ウェブサイト 道の駅庄和オフィシャルサイト

スポンサーリンク

東京都在住。
週末に家族と出かけ、そこで出会うお土産を収集するのが趣味。
お土産は旅の思い出をぐっと深く、豊かにしてくれる特別な買い物だと思っています。
このブログ運営を通じて少しでも多くのお土産に触れていきたい。

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2018 All Rights Reserved.