日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

王道熊本ラーメンをお土産に!黒亭お土産ラーメンをおすすめ。

スポンサーリンク

投稿日:

今回おすすめしたい商品は熊本駅にあるお土産店又は「黒亭」の公式サイトで購入できる「黒亭お土産ラーメン」です。なぜなら、熊本ラーメンの王道で有名な店である「黒亭」の味を家庭で気軽に味わうことが出来るのが魅力です。

1度食べると病みつきになりやすく、同じ家庭用でも一般的なインスタントラーメンと違い、麺は固められてないので調理もすぐに終わります(笑)。

私は2013年の夏、ご当地ラーメンを味わうのが目的で熊本に訪れました。そこで複数のラーメン店でおいしく頂き、そのグルメを家でも味わいたいことから熊本駅で家庭用の箱を購入します。その時に買った商品が今回紹介するものである「黒亭お土産ラーメン」であり、旅行から帰った後早速この商品を食べてみました。

kokuteiramen
http://www.kokutei.jp/

「黒亭お土産ラーメン」は格別

熊本ラーメンといえば、とんこつ特有のこってりとスープの後味が良さが両立しており、同じとんこつでもスーパーで売っている一般的なラーメンと比較すると、食べやすさは格段と違ううえ、多くの麺やスープを口に入れた後の気分も一般的なものでは一時的に悪くなるのに対し、熊本ラーメンは全く悪くならないどころかむしろ食べる前よりも良くなる感覚を覚えます。(笑) 

しかし、「黒亭お土産ラーメン」は格別でした。家庭用ということもあり、チャーシューやメンマといったトッピングはしなかったとはいえ、口にした瞬間、これが熊本ラーメンの王道かと感動するくらいの味です。
表現するなら、ほろ苦く香ばしいニンニク油と脂身が少ないとんこつスープが絶妙にマッチングしており、口の中に入れれば入れるほど、気分が良くなっていき、そこにストレートに仕上がっている麺の食感も加えると食べるペースもどんどん上がっていきます。食後、また熊本に行こうと決心し、またこの味を味わおうと決心しました。

ところが、私は当時、「黒亭」という店の存在を知らず、ただこのご当地グルメが楽しみだという考えしかありませんでした。しかし、2年後の2015年の梅雨のシーズン。さらなる衝撃が起きます。

当時、バイト先が改修工事のため長期休暇をとり、2年ぶりに熊本に行くことになりました。前回はただ食べたいという理由で店は現地に着いてから決めていましたが、今度は熊本ラーメンの王道を追求するため、旅の前にネットで人気の店を検索し、そこからブランド力が高そうなイメージのある店を選択します。その結果、序盤に行く店が以前家庭用として味わった「黒亭」であり、行列ができるとの情報もあったことからどんなラーメンかなという期待をもって旅に出ました。

そして当日。梅雨の真っ最中で雨が降ったり止んだりするなか、店に訪れると、たくさんの行列ができていました。悪天候のうえ訪れた曜日が月曜日、しかも普通の人なら職場や学校で課題に打ち込んでいる昼間だったにも関わらず、店外では大盛況であり、待ち時間もありました。そんな状況ながら店に入り、王道を味わうために定番メニューであるタナゴ入りラーメンを注文します。

ogataujiさん(@ogatauji)が投稿した写真 -

そしてついに食するとき。家庭用の時点でかなりの感動を得ていたのに店で食べるものは、やはり格が違います。家庭用の時に覚えた味覚であるほろ苦く香ばしいニンニク油と脂身が少ないとんこつスープとストレートに仕上がっている麺の食感に新鮮な生卵や自家製のチャーシュー、茹でたてのもやしが加わり、ニンニク油やスープ、麺も店で仕上げたものをすぐに味わえるので、口に入れるペースはどんどん上がるうえ、野菜や肉も麺と同様スープとの相性が抜群でした。そしてその味覚を記憶にしっかり焼き付けるため熊本駅で「黒亭」の家庭用を前回と同様にお土産として購入し、帰りました。

さて、この商品ですが、私個人としては出来れば購入する前に一度現地に行って本場の味を楽しんでからにしてほしいです。なぜなら、「黒亭」に限らず、ご当地グルメは現地でいただくと出来立ての料理を味わうと同時にその地域の魅力も雰囲気で分かりますし、帰った後に家庭用を味わうと、改めてあの場所に来て良かったなという快感を覚えるからです。

また、この商品のターゲットは、私なりに考えると、次の通りです。

①ラーメンマニア・・・これは当然のことですね(笑)。
②こってりが苦手・・・熊本ラーメンを食べればとんこつラーメンのイメージが180度変わりますよ。
③スポーツ選手・・・やる気がみなぎります。
④食通、リピーター・・・一度食べれば周りの人に情報をプッシュしたくなるます。

ざっと上げるとこんな感じです。他にも芸能人やスポーツ選手、リピーターが現地で食べるとしたら、お土産としてその商品を宣伝したり、店にサインをしてこんな人もここでおいしく味わっていたのかを周りの人に知らせてほしいです。

また、今年は震災が発生し、今でもいつ地震が起きるのかと苦しんでいる方も沢山いると思います。そういう状況だからこそ、この商品を1人でも多くの人に購入してもらい、地元の方に元気を与えてくれば助けになるのではと私は考えます。

スポンサーリンク

東京都在住。
週末に家族と出かけ、そこで出会うお土産を収集するのが趣味。
お土産は旅の思い出をぐっと深く、豊かにしてくれる特別な買い物だと思っています。
このブログ運営を通じて少しでも多くのお土産に触れていきたい。

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2018 All Rights Reserved.