日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

新潟のあられ・おかきの専門店「瑞花(ずいか)」のうす揚げ

スポンサーリンク

投稿日:

サクッとした軽い口当たりの揚げせんべい

「瑞花(ずいか)」とは新潟県長岡市に本社があり、あられやおかきの製造販売をしている会社です。長岡市内にある本店の他、新潟駅ビル店・新潟三越店・新潟伊勢丹店・新潟大学前店だけでなく、東京の銀座や二子玉川にも直営店があります。オンラインショップでの販売もされているようです。

ご進物用にきちんと箱詰めされた商品もいくつかありますが、自宅用に気軽に購入できる商品もあります。「ナッツおかき」や「海老おかき」(両方ともに10枚入りで税込み486円)もおすすめですが、我が家で最も購入頻度が高いのが「うす揚げ」という商品です。こちらの商品ですが、ごくごく薄い生地を高温の油でカラッと揚げた揚げせんべいです。

zuika
http://www.zuika.jp/shop/item_list?category_id=398192

ポテトチップスのお米(せんべい)版のような感じで、スナック菓子に似た軽い食感が魅力です。同じく長岡市内にある工場で、揚げるところから味付け、袋詰めまですべて、職人さんの手作業で行っているそうです。おせんべいの生地をたっぷりの油で少量ずつ揚げているとのことで、それぞれにしっかりと火が通り、サクッとした軽い口当たりで、かつ口溶けの良いものになっています。これは逆に言えば、非常に割れやすいおせんべいだということでもあります。それぞれの工程すべてを手作業にしているからこそ、味付けされ、袋詰めされた後も割れることなく、おせんべいの形を保っているのだそうですよ。

おすすめは「チーズ味」

@fionatslが投稿した写真 -

この「うす揚げ」ですが、種類もいくつかあります。通年販売されているのは、えび味・柚子こしょう味・チーズ味・青のり風味の4種類です。他にも季節によって期間限定販売の商品がいくつかあります。すべての種類に共通することですが、主原料は国産のうるち米です。新潟は米どころですからね。価格の方はというと、通年販売の商品が内容量100gで360円(税込み389円)。期間限定販売のものは種類により、若干ですが値段も変わるようです。パッケージの大きさは30.0×19.0×10.0㎝です。通常パッケージのポテトチップスの袋よりも若干、大きめな印象がありますね。

これらの種類の中で、特に私がおすすめなのはチーズ味です。おせんべいの生地にチーズが練り込まれていて、さらに揚げた後にチーズパウダーが振りかけられています。濃厚と思いきや、あっさりとした味でどんどんすすんでしまいます。袋を開け、袋の中に手を入れながらサクサクと食べていると、あっという間になくなってしまいます。ですので我が家では、食べ過ぎ防止のため、きちんとお皿に適量を取り分けてからいただいているくらいです。

小学生の娘は、えび味が好きなようです。おせんべいの生地には海老が練り込まれていて、シンプルに塩のみで味付けがされています。海老の香り(風味)がとっても良いと思いますよ。娘いわく「かっぱえびせんみたいな味」とのことです。確かに、ちょっと上品な「かっぱえびせん」と言えるかもしれません。オーソドックスではありますが、これが「うす揚げ」の中での一番人気だそうです。「シンプルイズベスト!」ということなのかもしれませんね。

娘のお友達がきっかけだった「うす揚げ」との出会い

@y_ukari123が投稿した写真 -

「うす揚げ」との出会いは今から3年ほど前のことです。娘のお友達が我が家に遊びに来てくれたとき、手土産に持ってきてくれたのがきっかけです。そのときは確か「えび味」でした。私も娘と一緒におやつにいただきました。

一見するとスナック菓子のようだけれど、今まで食べたことのないサクッとした食感とその美味しさにすっかりはまり、すぐにファンになってしまいました。私は新潟県在住ですので、頻繁に最寄りのお店で購入するようになりました。この「うす揚げ」は、新潟駅や長岡駅の駅ビル内、新潟空港内でも販売されていて、おみやげに購入される方も多いとのことですよ。

この「うす揚げ」との出会いからしばらくして、あるテレビ番組で某芸能人の方がおすすめなおやつとしてこちらを紹介されていて、ビックリしたことがありました。また、地元の情報誌などでもよく取り上げられているようです。

いろいろなシーンでいただいています!

我が家ではいろいろなシーンで、美味しくいただいています。自宅で食べるおやつとしてだけでなく、夫のお酒のつまみにもなっています。ビールなどにもよく合うと思いますよ。後は、娘がお友達のお宅に遊びに行く際に持たせることが多いです。女の子数人がお菓子を持ち寄って集まると、クッキーやチョコレートなどの甘いものが多くなりがちなのだそうです。

ですので、ちょっとジャンルの違うこの「うす揚げ」は、結構ウケが良いらしいのです。また、車で30分ほどの距離にある夫の実家に遊びに行くときに、何種類かまとめて購入して持参することもあります。夫の実家の両親はもう70歳を過ぎているので、バターや生クリームたっぷりの洋菓子は苦手なようなのです。お腹にたまって、夕食が食べられなくなってしまうとのこと。そうした意味でも、こういったおせんべいはとても喜ばれます。口溶けも良いので、歯の弱いお年寄りも、また小さなお子さんも安心して召し上がれると思いますよ。

スポンサーリンク

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2018 All Rights Reserved.