日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

By Ocdp (Own work) [CC0], via Wikimedia Commons

三万石のままどおる

スポンサーリンク

投稿日:

福島県を代表するお土産として長年愛されているままどおる

ままどおるは福島県を代表するお土産として長年愛されてきました。ままどおるは三万石というお店の代表銘菓です。

店舗は福島県内に20店舗と隣県の宮城県に1店舗、他には東京都内や高速道路のサービスエリアなどにも数店購入できる場所があります。

ままどおるは一言で言うと優しいママの味がします。福島県内で毎日のように放送されているCMがあるのですが、その中のキャッチフレーズはママの味というだけあり本当に子供からお年寄りまで食べられる優しい甘さが特徴です。ままどおるの具体的な説明をすると、黄色のミルク味のあんを感触が優しいほんのり甘い生地で包み込んだ柔らかい焼き菓子です。形が長細くできているので持ちやすく食べる時もぼろぼろこぼさなくてもいいような作りになっています。ままどおるはスペイン語でお乳を飲む子という意味があるようで、だからママの味と歌っているのだと思います。

ままどおるはミルク味の他にはチョコ味もあります。チョコ味も甘みがしつこくなく、とても食べやすいのですが、どちらかというとミルク味のほうが好評だと思います。お土産として購入されることが多い商品なので店舗では袋に1種類ずつ詰められたものや、箱の中にミルク味とチョコ味の2種類入っているもの、エキソンパイと言う他の人気商品と一緒に箱詰めされているものなど種類がとても豊富なので購入する時には少し目移りしてしまいます。

三万石ままどおるがオススメの理由

なぜ三万石のままどおるがおすすめかというと、まず値段が手頃なことです。大きな店舗では1個から販売されているところもありますが、1個のお値段は100円ちょっとと大きさの割にはあまり高くないかなという印象があります。そして見た目のかわいらしさもおすすめのポイントです。お菓子では珍しく長方形のような形をしていて、スティックケーキのような感覚で召し上がれます。

子供でも食べやすく喜ばれます

またお子様にも食べやすくなっていて意外と固さもあるのでボロボロと散らかされる心配もありません。賞味期限も1週間はありますので、少しずつ食べても問題ないくらいなので長く楽しめるのもオススメな点です。店舗に行くと試食品がたくさん並べられていますので、一度試食してみてから、お好みのほうを購入するというのもいいかもしれません。購入すると紙袋に入れてもられるのですが、その紙袋もままどおるをイメージしていて黄色い紙袋になっています。黄色は優しい色合いなので、袋を見ただけでも美味しさが伝わるような気がします。本当に小さな頃から変わらぬ美味しさを保ち続けているままどおるは本当にみんなに愛されているお菓子です。

ままどおるは販売されているお店が関東までしかないので、関東よりも南の地域に住んでいる知り合いに贈るととても喜ばれます。催事もほとんど行っていないようなので関東よりも南の地域に住んでいる方は購入する機会がほとんどないと思います。福島県の代表と言っても過言ではないくらい知名度も人気もありますので、福島県を訪れた際にはぜひ購入して一度この美味しさを味わってほしいと思います。全国にも美味しいお土産品は多数あり、似たような商品だなと感じることも多々あります。

しかしままどおるに関しては他のところで似たような商品は見たことがありません。それだけこだわりを詰め込んで三万石独自の製法で作られているので、他では真似できないのかなと感じます。

ままどおるは子供から大人まで誰でも食べられるお菓子ですが特に子供に人気があります。福島県内の子供はCMをみてママの味というキャッチフレーズを知っているので、ママの味がするねとよく言いながら食べている光景を見かけます。そう言われるとママの味がするのかなあと何となく感じます。このママの味というのが気になって購入する人もいるくらいですからCMの力は大きいと思います。自分で購入しなくても誰かが買ってきたり会社で貰ったりと何故だか自分で購入しなくても食べることができるという不思議なことがあります。それだけみんなが購入する機会が多いのだと思いますが、ままどおるを買っておけば間違いないという信頼感のようなものもあるのかもしれません。

実際にままどおるが嫌いだという人に会ったことはありませんし、みんな口をそろえてやっぱり美味しいねと言ってしまうくらいおなじみの商品なのだと思います。家族の団らんの時、コタツに入ってみかんを食べるように福島県内の人はままどおるを食べます。それが昔からしていることなので、何の違和感もなく普通の光景なのです。このみんなを一つにしてしまうままどおるというお菓子は永遠に受け継がれ愛され続けていくことだと思います。この素晴らしいお菓子をぜひもっとたくさんの人に味わってもらいたいし知ってもらいたいと心から願います。福島県を訪れたときにはままどおるのことを思い出して購入してほしいです。県内の駅や空港には広告が掲げられている場所もあるので目に付いたときにはその存在を思い出してほしいです。

スポンサーリンク

ままどおるの商品情報

商品名ままどおる
製造者・販売者株式会社三万石
住所福島県郡山市富久山町福原字神子田7-5
賞味期限製造日より8日
購入場所店舗は福島県内に20店舗と隣県の宮城県に1店舗、他には東京都内や高速道路のサービスエリアなどにも数店
価格5個入袋 432円、12個入1,080円、36個入3,240円(18個入×2段)

東京都在住。
週末に家族と出かけ、そこで出会うお土産を収集するのが趣味。
お土産は旅の思い出をぐっと深く、豊かにしてくれる特別な買い物だと思っています。
このブログ運営を通じて少しでも多くのお土産に触れていきたい。

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2018 All Rights Reserved.