日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

By Sakoppi (作者撮影) [GFDL or CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

鹿児島といえば薩摩蒸気屋のかるかん饅頭とかすたどん!

スポンサーリンク

更新日:

鹿児島にはたくさんの名産品があります。
焼酎、お茶、漬物、さつま揚げ、かつお節、黒豚、等々。お土産を買うときは毎回何にしようか、選ぶのも本当に迷ってしまいます。

そんな中でもお菓子にしようと決めたときは、迷わずこれを選びます。

鹿児島といえば薩摩蒸気屋のかるかん饅頭とかすたどんです。個人的にはかるかんが大好きなので、最初はかるかん饅頭一押しだと信じていましたが、かすたどんもそれに負けずとも劣らない人気の商品です。

かるかん饅頭とかすたどんとは

かるかん饅頭は、かるかん粉、山芋等を使った真っ白のお饅頭の中にあんこが入っている手のひらサイズの和菓子です。

かすたどんは、スポンジケーキのような柔らかい卵の生地にカスタードクリームが入っているかるかんと同じ大きさの洋菓子です。

どちらも一つで満足感を得られる、お茶にぴったりのお菓子です。かすたどんはコーヒーでも合うかと思います。どちらもしっかりした包装紙に個包装されています。

また、かるかんにはあんこが入っていないもぜかるかんというのもあります。カステラのように一本真っ白いかるかんを買うこともできます。切り分けて食べる時や、あんこが苦手な方にはとても喜ばれる商品です。あんこがなくてもほんのり甘いかるかんは絶品です。甘すぎず、食べごたえもあります。

以前聞いた余談ですが、鹿児島での結納の時にはこの一本真っ白のかるかんを「真っ白でこれから貴家に染まります」という意味で渡すとのことです。なるほど!と感心したのを思い出します。

話は戻りますが、鹿児島のお菓子のお土産はこのかるかん饅頭とかすたどんの2つの詰め合わせとすると間違いないと思います。

かるかんは舌触りなどに特徴があり、好き嫌いが分かれるようですが、かすたどんは老若男女に愛されるお菓子のような気がします。日持ちはどちらも1週間程度。なぜか鹿児島空港には薩摩蒸気屋はかるかんは置いておらず、かすたどんだけが販売されていました。かるかんも探してみましたが店頭にはありませんでした。それだけかすたどん推し、人気ということでしょうか。

蒸気屋の店舗は県内に多数あり、買いやすいです。鹿児島中央駅にも出展されていますが、他店舗に比べお客さんの数は多いように思います。

逆に、鹿児島を一歩出ると、なかなか買うことができない点も魅力の一つです。隣接の宮崎県にも一部店舗がありますが、もう一つの隣県である熊本県では買うことができません。
全国の百貨店のうまいもの市などでは軒を連ねる名店で、待っていたという全国のファンが殺到するようです。以前東京の上司に送ったところ、東京では買えないので喜ばれたという言葉をいただきました。

かるかんは鹿児島県の特産品のため、蒸気屋以外にも有名店がたくさん

かるかんは鹿児島県の特産品のため、蒸気屋以外にも有名店がたくさんあります。

その中で薩摩蒸気屋は最大手のように思います。他店舗のものももちろん頂いたことがあります。上質な素材にこだわって作られたものが多くあります。どこもそれぞれ美味しいのですが、1個当たりの単価が200円近くするところもあります。それに対し薩摩蒸気屋は119円(税込み)です。少し前まで108円でしたが最近値上がりしたようです。私は値段の差が味の差ではないように感じています。
コスパは他店より圧倒的に蒸気屋だと思っています。最近は他店ですが「生かるかん」なるものが登場し、話題を呼んでいます。何度か頂きましたが、これはかるかんより滑らかで上品な味わいのように思いました。単価も若干高かったように思います。味のバラエティもいくつかあり、彩りもきれいで蒸気屋との差別化が顕著に表れています。話がずれますがこれもお勧めではあります。

ただ、かすたどんは薩摩蒸気屋にしかない商品なので、私は結局薩摩蒸気屋に行ってしまいます。

蒸気屋は箱の包装紙も白地に紺色のシンプルかつ高級感あるものです。どこに出しても恥ずかしくない、ありふれてはいないところも気に入っています。蒸気屋の紙袋を持っている人を見ると、定番というより王道だなと感じるのは私だけでしょうか。

蒸気屋ではこの2商品以外にも、もちろんラインナップは豊富です。春駒という羊羹のようなものや、銅鑼殿というどら焼き、最近流行りの焼きドーナツも人気があります。焼きドーナツには色々な種類があり、値段もかるかんより手頃だったと思います。揚げていない分、しっとり感には欠けますが、若い人受けはいいと思います。日持ちの観点からかるかん饅頭&かすたどん以外を選ぶこともあります。夏場にはゼリーや水ようかんなども店頭に並びます。おそらく商品の種類は100種類は超えているでしょう。そんなに買ったことはありませんが。

送る相手に合わせて色々な詰め合わせにするのも楽しいですが、王道はこのかるかん饅頭とかすたどん2つの組み合わせだと信じ切っています。
年齢層問わず、会社へ、取引先へ、親戚へ、お見舞い、お祝い、お礼、様々な場面で間違いないお菓子といえばこれをお勧めします。

次のページへ >

スポンサーリンク

かるかん饅頭の商品情報

商品名かるかん饅頭
製造者・販売者合名会社 明石屋菓子店
住所鹿児島市金生町4-16
賞味期限-
購入場所鹿児島市内に14店舗
価格1,512円(税込)8個入り

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2018 All Rights Reserved.