日本全国お土産ライブラリーOmiii

Omiiiでは日本全国のお土産を紹介しています。

姫路の「えきそば」

スポンサーリンク

投稿日:

姫路のお土産といえば、皆様は何を一番思い浮かべるでしょうか?

古くからは銘菓「玉椿」、郷土料理としては「いかなごのくぎ煮」、あたりがポピュラーかもしれません。
また最近では「書写の千年杉」という、オリジナルなバームクーヘンがどうやら人気が高いようですね。
もちろん、それらの品々は姫路のお土産としても十分にオススメ出来るものではあります。ですので今回は、少し違った視点から違った品をおすすめしようか、と思います。それは・・・

「えきそば」、です!

地元の姫路在住者以外では、どれだけ知られているのかはわからないですが(意外とご存知の方々が多いかもしれませんが)、もし姫路城などの観光やビジネスなどで姫路を訪れられた際にはぜひ一食お試し頂いて、お土産としてもお持ち帰り頂ければ、と思います。

姫路のえきそば、は通常のそばと何が違うのか?

一言で言えば、「和風だしに中華麺」という、「アンマッチ的な味わい」と言えるでしょう。「中華麺?そばじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかも?ですね。正確には中華麺と言いますかラーメンなのですが、元がそうだっただけで、現在は見た目は全く「そば」ですので、「えきそば」で通っています。

もっと詳しく述べますと、最初はこんにゃく粉とそば粉を混ぜていたのですが、その後色々と試行錯誤されて、かんすい入りのラーメンとなり、更に改良されていったのが現在の「えきそば」、となっているのですね。

私がまだ若かりし頃の30年程前に、大手印刷会社にて営業アシスタントとして働いていたのですが、別の就職先が決まった為に辞める事になり、最終出勤日にたまたま姫路の得意先に出かける事となり、帰りの列車に乗り込む前に駅ホームで見かけたお店で「えきそば」を食したのが、初めての「出会い」でした。

無事に最後の納品を終わらせられた「開放感」と、食事もろくに摂れなかったための「空腹感」も手伝って、その「えきそば」の美味しかったことといったら!!!。
少し大げさですが、今まで食べてきた物の中で、一番「美味い!」と感じられた程だったのです。そういった個人的な思い出もありますので、姫路の「えきそば」をおすすめしてるのもあるのですけれど(笑)。

「えきそば」はぜひ「駅ホーム」で!

だから、というわけではないですが・・・

その名の通り、「えきそば」はぜひ姫路駅ホーム上にある店舗にて食べてみて頂ければ、と思います。残念ながら新幹線の駅ホームには店舗はないのですが(在来線のJR山陽本線の駅ホーム上にはあります)、キオスクのお隣にお弁当屋さんがありまして、そこでおそばをお買い求め頂く事は出来ます。また、新幹線の駅改札前にお弁当屋さんと合体された形で「えきそば」を食べれる店舗がありますのでぜひお立ち寄り頂ければ、と思います。

ちなみに、店舗では「えきそば」だけでなく、おうどんや他の(純和風な)おそば、もメニューにありますよ。「持ち帰りえきそば」も、540円で販売されていますので、1食後にお土産にお持ち帰り頂く事も出来るようになっています。
また、お土産用に特化した?形で「乾麺」タイプの長期保存可能な「土産天ぷらえきそば」も販売されていますので、保存出来ないといった問題も無く、お土産として気楽にお持ち帰り出来ますね!。

「美味絶品」!といったお土産ではないですが

私の体験のように余程お腹が空いてた、とかでもない限り(苦笑)、お土産として頂いてもそれ程喜ばれるものではないかもしれませんね。

でも、ひとつのグルメネタとして。ちょっと変わったおそばとして。姫路への旅やお出かけの思い出として。ちょっと変わった、斜め上の?お土産としてはいいのではないでしょうか?おうどんやおそばは、関西風味や関東風味があるように、日本各地で独自の風味が存在しますが、その中のひとつとして、姫路の駅独特の風味のおそば、として、特に麺類やおそばが好物の方へのお土産としては、喜ばれるかもしれませんよ。

また、もしも気に入られたらば、「えきそば」製造元の「まねき食品」さんが、オンラインショップを開設されてますので、ご自宅に居ながらにして「えきそば」を購入する事が出来ます。ちなみにカップ麺タイプも販売されているのですが、残念ながら現在のところは(まねき食品さんの)オンラインショップでは販売されていないようです。でも「姫路駅名物・まきのえきそば」として、天ぷらときつね、の二種類が各オンラインショップでも扱われていますので(製造は日清食品さん)、興味ある方は検索してみて下さいね。お味はオリジナルとなかなか近いですよ。

スポンサーリンク

姫路の「えきそば」の商品情報

商品名姫路の「えきそば」
製造者・販売者-
住所-
賞味期限-
購入場所姫路駅周辺
価格約500円

Copyright© 日本全国お土産ライブラリーOmiii , 2018 All Rights Reserved.